平山病の基礎

平山病は、1959年に平山氏により発見された、主に片側の上肢の筋萎縮や脱力を主とする疾患である。

思春期に男性が発症することが多い。女性は3-17%。

症状は数年間進行した後に停止性となることが多いが、運動機能障害が残る。

原因ははっきりと解明されていないが、首を前屈する際に頸の神経が障害されるためとされている。

 

参考文献:若年性一側上肢筋萎縮症(平山病)の診断と治療 平山 恵造